導引口訣鈔を読む・トップ          


導引根源の訓

(現代語訳)

ある人が問う。
「諸々の病気は何が根本原因なのか。」

答えて曰く。
「つかえ滞ることによって起こる。」

また問う。
「治療術はいくつあるのか。」

答えて曰く。
「鍼灸薬按摩祝由の五法のみ。ひとつも捨てることは出来ない。
 喩えれば、
 (五行の)水が親ならば火木金土は必要ない、
 心臓が中心なのだから肝臓、腎臓、脾臓、肺はなくてもよい、
 薬があれば鍼灸按祝など必要ない、
 といって他を捨ててしまうのと同じ意味だ。
 世俗の人は見た目や風聞に親しみ、薬の効果がなければ早計にこれも
 定めと諦めてしまう。
 養生に深く志すのならば、五法ともに奥義を究め明らかにするべきだ。」


扁鵲伝にこうある。
「垣の一方を見る、髄を搦し荒を採り幕に爪し腸を洗う。」

澄相公は言う。
「無病長命、虚を実と為し、老を若くなす。」

両公が述べていることは、按摩の究極の根源を要約したものだ。
能く工夫しなさい。

「垣の一方を見る」とは、外から見て内を知ること、
病状を見抜き覚り知ることだ。

「髄を搦し荒を採り幕に爪し腸を洗う」とは、肉筋を扱い、
骨髄を治療する業(わざ)だ。

本文にほとんど註釈してある。
これを見て鍛煉しなさい。

澄公が「無病長命」と言うのは、常に按摩していれば諸々の病気に冒され
ることなく、もし病気になったとしても教えのように行えば、たちまち癒
されるだろう。

稽叔夜養生論にあるように、按摩をしていれば神仙になるとはいわないま
でも、千歳までや六、七百歳までは寿命を保つことが出来る。

「老を若くなす」とは、年を取ると肉は結ぼれ皮膚は皺になり筋は枯れ骨
は硬くなる。
按摩して骨のように硬くなった凝りを砕いて肉とすれば、痩せおとろえず
に筋骨が潤い、老人になっても若くなる事は疑いない。

「已病を治さず、未病を治す」とは、平生病気ではない時に、既に病気に
望んでいるかのように養生するということだ。
病気になってしまってから治療するというのは、まるで戦が起こったのを
見て慌てて矢を作り出すようなものだ。
この心得は重要である。



病因 治療法

導引(按摩)の根源的教えを、素問に習った問答形式ではじめています。

  • 病気の根本的原因
    • つかえ、滞り
    • 藕絲(気血の通路)の閉じ、結ぼれ(「藕絲の訓」)

次に、治療術の種類と重要性を述べています。
ここまでは引用ではなく架空の人物の問答なので、本書オリジナルの主張なのでしょう。

  • 治療術には、鍼・灸・薬・按摩・祝由の五法があるのみ
  • ひとつの術のみを極めるのではなく、五法すべて極め明らかにしなさい

鍼・灸・薬・按摩はそれぞれに専門職が存在し明らかですが、祝由が今ひとつ不明です。
同年代の和漢三才図絵をみても職業としての鍼毉(はりたて)、按摩(導引)、醫(くすし)は出て来ますが、祝由に相当する職業は掲載されていません。
「五法ともに奥義を究め明らかにするべきだ。」と書かれている以上、臨床として学ぶべき何らかの技術体系があるがずなのですが、何が祝由に該当するか分かりません。涙)

ひょっとしたら、ここに書かれている「五法すべてを究め明らかにしなさい」というのは、ひとつの理想論なのかも知れません。(その割りには文字数が多くて気合いが入っている)
当時、鍼灸のスペシャリスト=鍼毉(はりたて)、按摩のスペシャリスト=按摩師、薬(本草)のスペシャリスト=醫師、がそれぞれ自らの専門分野ひとつを究めんとしていたのが現実ですし。

我が国の書物中按摩の文字が見えるのは大宝律令(701)が最初ですが、その第二十四「医疾令」には按摩博士と並んで咒禁博士が定められています。(「日本における按摩の歴史」)
「按摩咒禁生学習条」には
『按摩生は、按摩、傷折(しょうせつ)[打ち身・捻挫・骨折]の治療法、及び、刺縛しばく[針で悪
 血を瀉出したり、骨折過所を固定したりする]の技術を学ぶこと。咒禁生は、咒禁(まじない)し
 て邪気を払い病災を防ぐ方術を学ぶこと。みな3年を期限として成業させること。       』
とあります。
当時治療術としての按摩を復興させんとする導引口訣鈔が、大宝律令に定められし当時の咒禁術をも掌中にした按摩博士を夢見ていたのかも知れません。

参考として川崎生泉/著「新編療術極秘録」から、我が国に古代から伝わる禁厭(まじない)法を「日本古代の薬按摩祝由」に掲載してありますが、導引口訣鈔中の祝由と関係あるかはまったく不明です。


按摩の究極的根源(扁鵲伝)

  • 体の外から、病状や体内部の状態を覚り知ること
  • 肉筋を扱い、骨髄を治療する業(わざ)
  • 上記は、本文にほとんど述べているので、良く読み鍛錬しなさい。

澄相公の教え

  • 常に按摩していれば諸々の病気に冒されることなく、もし病気になったとしても教えのように行えば、たちまち癒される。
  • 按摩をしていれば神仙になるとはいわないまでも、千歳までや六、七百歳までは寿命を保つことが出来る。
  • 年を取ると肉は結ぼれ皮膚は皺になり筋は枯れ骨は硬くなる。 按摩して骨のように硬くなった凝りを砕いて肉とすれば、痩せおとろえずに筋骨が潤い、老人になっても若くなる事は疑いない。
  • 平生病気ではない時に、既に病気に望んでいるかのように養生すること
    • この心得は特に重要だ

肌、肉、皮、筋、骨、等について

「導引根源の訓」原文には「肉筋(にくすじ)を扱い、骨髄を療するの業(わざ)なり」「按喬(あんきょう)をなし、骨を砕き肉となせば、痩せおとろえず、筋骨うるおい、老衰たりとも、若くなる事疑いなし」など、肉筋、骨髄、骨、肉、筋骨という言葉が出て来ます。
この訓え以降、これら以外の言葉も出てくるので「和漢三才図絵」の解説を参考までにあげておきます。

  • (はだ)〔音は飢〕
    • 肌は〔和名加波倍(かはへ)〕膚の肉なり。
  • (はたへ)〔音は夫〕
    • 膚は〔和名波太倍(はたへ)〕体の肌なり。革の外の薄皮なり。
  • (にく)〔音は辱〕
    • 肉は〔和名之之(しし)。俗に云う爾久(にく)〕肌膚の肉なり。
  • (まく)〔音は莫〕
    • 膜は〔和名太奈之々(たなしし)〕肉の内の薄皮なり。
  • (かは)〔音は疲〕
    • 皮は〔和名加波(かは)〕「釈名」に「被なり、体を被り覆うなり」と云う。
  • (あつかは)〔音は格〕
    • 革は〔和名阿豆加波(あつかは)〕膚は内の厚皮なり。
      凡そ獣の皮を剥ぎ取って、生なるを皮という。之を(おさむ)るを(つくりかは)という。之を柔らかにするを(なめしかは)という。
  • (しわ)〔音は縐〕
    • 皺は〔和名之和(しわ)〕皮細かに起こるものなり。
  • 腠理(はだのきめ)
    • 腠理は〔和名之之和岐(ししわき)膚理(はだきめ)なり。
      凡そ(あつ)ければ則ち腠理開く。津脱すれば則ち亦腠理開き、故に汗出づ。陽勝つは則ち腠理閉づ。
  • (あふら)〔音は旨〕
    • 脂は〔和名阿布良(あふら)〕液の凝るもの。
  • 膏〔音は高〕
    • 膏は〔和名同〕脂の()くるもの。
    • 髄〔音は雖〕は骨の中の脂。
    • 脳〔音は悩〕は頂きの髄。
    • 膋〔音は労〕は(はらわた)の間の脂。
    • 月屑〔音は屑〕は(むね)の中の脂なり。
  • (すぢ)〔音は斤〕
    • 筋は〔和名(すぢ)〕骨の絡なり。
  • (ほね)〔音は忽〕
    • 骨は〔和名保禰(ほね)〕肉の(たね)なり。
      筋は肉の力なり。竹は物の筋多きものなり。故に字を竹肉力につくる。肝に属す。骨は腎に属す。

  • 人身は天地に則る((つけた)り 家財に譬ふ)
    (略)骨は則ち石、肉は則ち土、筋は則ち道路(略)。
    今又之を家宝に譬ふ。(略)骨は則ち柱、肉は則ち壁、筋は則ち纏縄(略)。

按摩人を選ぶの訓

(現代語訳)

黄帝が質問する。
「導引行気、按摩、灸、鍼、飲薬など有るが、これらの内ひとつだけに専
 念するべきか。
 またはこれらすべてを行わなくてはいけないのか。」

岐伯は答える。
「これらの方法は多くの人の為の方法であり、すべてをひとりで行うもの
 ではないのです。
 つまり、ひとつのものに習熟し心迷うことがなければ、それは則ちすべ
 てのものを手中にしたも同然です。」

右の文意によれば、前聖から永遠に続く心から心への伝授、伝統の道なので、
その職は専一にしなさい。
無学であれば、その道の核心には至りがたい非常に奥深い道だと感じられる。
黄帝が導引を他の方法の最初に云うのは、導引が療術の要であるからなのだ
ろう。

また黄帝は云う。
「気血をおさめて流れを調え、陰陽をうかがって諸方を用い、関節をくつろ
 げて筋を柔らかにしなさい。
 そして心がおだやかで聡明な者に導引行気を行わせなさい。」

右の文意を考えてみると、知識と知恵、技能がすべて備わり、医道の根源に
深く通じ、合わせて諸道を明らかにし、心身ともにおだやかで素直な者を選
んで教えるべきだということだ。
浅薄な智恵では専門には至りがたい。
不学無能では奥義を究められるものではない。
いいかげんに行えば、見せかけの小刀細工というものでしかなく、この道の
宗匠(師匠)とは云いがたい。


按摩入門心得

「導引根源の訓」では、按摩の根本的原理、思想が述べられましたが、「按摩人を撰ぶの訓」では按摩を学ぶ上での心構えを述べているように思います。

根源の訓で「鍼灸薬按摩祝由五法すべて究め明らかにしなさい」と按摩の究極的な在り方を述べた後、ここでは按摩に入門するに際して「ひとつのものに習熟し心迷うなかれ」と心構えを説いているように思えます。

前聖の道統を受け継ぐ道に参入するのであるから、まずは按摩を真摯に深く探求し、それと共に諸道を明らかにし奥義を究めなさい。
そして自ら宗匠となったならば、この道にふさわしい者を見極めて伝えなさい。
(超意訳)


導引口訣鈔を読む・トップ          
 
 
 

hisanoyu dharmaya secondlife

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS