Chua'Kaとは

チュアカとは、身体から恐怖や緊張を意識的に開放するため、古代モンゴルの戦士たちが開発したものです。
彼らはその当時の人々でさえ全く気づいていなかった、恐怖と行為に関してとても瞑想的に探求を続け、ある発見をしました。
その発見とは、私たちに起こった精神的、肉体的な苦痛はすべて私たちの身体が記憶しているということでした。
(これは20世紀になってウィルヘルム・ライヒやアレキサンダー・ローウェン、その他の人々が明らかにするまで、ほとんど忘れ去られていました。)

身体にもっと意識的になるためには、 様々な恐怖や苦痛を感じる勇気が必要になります。
そしてその時に始めて、それらの恐怖や緊張は解き放たれるのです。
ほとんどのモンゴルの人たちは、苦痛が身体にとどまということを信じていましたが、私たちはそのことに(激しい痛みがあった後でさえ)気づいていません。
なぜなら、 身体は痛みのある部分を直ちに切り離し、そこの筋肉を動かさないか、または最小限動かすだけにとどめます。
このように身体に抱え込まれた苦痛は、その人が痛みを感じず、その痛みを忘れるため、身体の本来的なパターン(構造)を変えてしまうことになります。

この肉体的な苦痛は精神に反映し、 また身体の苦痛は心理的苦痛になり、その逆も同様になります。
チュアカは皮膚や筋肉、関節、神経などの肉体的な緊張と、それに関連した心理的な恐怖の両者に働きかけます。

彼らモンゴルの戦士たちは、チュアカを行なっている間の心構えとして役に立つ 、エネルギーと身体に関する 、いくつかの考えを持っていました。
その中でも一番重要なものが〈カツ(Kath)〉と呼ばれるエネルギーの存在でしょう。
彼らは、この世界すべてに充満しているエネルギー〈カツ〉の存在を信じていました。
( ヨガではそれをプラーナと呼び 、老子はタオと呼びます)

そして私たちは緊張や恐怖、萎縮することを通して、 この自然なエネルギーの流れから自分自身を阻害しているのです。
ですから、 ここでのマッサージのそれぞれのパートはこの〈カツ〉と再び結びつくための試みになります。
そしてこの結びつきこそがヒーリング(癒し)なのです。
ですからそれぞれのマッサージは感情を込め、 敬う態度で行なって下さい。
彼らはこのような態度についてこう語っています。



ここにあるものはお前の体ではない。
そしてお前が創ったものでもない。

これは〈お前のもの〉などではなく、人間の体なのだ。
〈人間の体は神の雛型なのだ 〉という認識と共に尊敬の念を抱きなさい。

我々はカルマによって雛型を歪め、傷つけてしまい 、もはや我々は現存…神が神の雛型として創った体としては現存していない。

そこで我々は自分自身の誤りを正していかなければならないのだ。
深い〈カツ〉の気づきと共に各部にオイルを塗りなさい。
そして、手はマッサージがなされるべき部分に〈カツ〉を招き、引き寄せられるようにしておきなさい。
お前の手が自然な〈 カツ 〉の流れの中にある時、お前の手はすべてを知っている。

お前の両手が動くにまかせなさい!
ただ体は傷つけてはならない。
もし正しくなされるなら、痛みとの境い目でチュアカは絶えることのない喜びとなるだろう。
ひとたびそれが痛みとなったなら 、体はより恐怖引き付けられてしまう。

だから決して喜びの感覚を失わないでいなさい。
もし 、お前がチュアカ を喜び楽しんでいるのならば、それが正しいチュアカなのだ。 };


チュアカを行う前に


チュアカをする前にそれぞれの恐怖はそれが開放されるまでは必ずそこにとどまっています。
チュアカはそれらの恐怖の意識的な開放です。
この開放を完全なものとするためには、チュアカを継続的に、ゆっくりと行なわなければいけません。
ひとつのまとまったセッションにはおよそ12時間のセッションが必要となります。
そしてそのセッションを行なう場所は正しく順序立てて行なう必要があります。
まず最初に足、それも左足から始めて次に右足というようにすべてのワーク(働きかけ)は身体に対してバランスよく行なうようにして下さい。
もし一度のセッションで身体全体に働きかけられなかったのなら、次のセッションは前回終わった場所から始めてください。

カルマの開放


どの部分にも、恐怖に対するそれぞれ独自の態度、エネルギーがあり、それが蓄積しています。
そして常に一番新しいものがやっかいです。
というのも、 どの部分にもすでに蓄積された恐怖に対する態度や緊張があり 、その上にさらにまたそれらが付け加えられるからです。
また全く問題がないと感じる場所は、逆にその場所が完<全にブロックされている、と言うことができます。
なぜならその場所の緊張が、 自分で緊張していると感じることすらできないほど強固なものになっているからなのです。

機ヂ 〜自分自身で在ることの恐怖〜

  • 範囲/足の指先から足首(くるぶしの下)まで

1.オイルを塗る

chuakailla1.gif
  • 手のひらにオイルを取り、充分に温め伸ばします。
    そして、手のひらに<カツ>を呼び、感じましょう。
  • <カツ>と共に、足首から下の足全体にまんべんなくオイルを塗ります。

    自分の足をいたわるように……。
    愛おしむように……。


2.こぶしで軽く叩く

chuakailla2.gif
  • 足の全体を、まんべんなくこぶしで叩きます。
  • こぶしは固く握り締めず、軽く握って手首を緩め、小指側の側面でやさしくリズミカルに叩きます。

    足へのあいさつ、呼びかけのように……。



3.こぶしで伸ばす

chuakailla3.gif
  • こぶしで、足の裏をカカトから指先の方に向かって伸ばしていきます。
  • 内側面(親指側、土踏まず)や外側面(小指側)も丁寧に伸ばします。






4.カカト内側を指で滑らす

chuakailla4.gif
  • 足の内側面を自分の方に向けます。
  • カカトの先端を頂点として、放射線状に手の親指を滑らせていきます。
  • カカトの先端からアキレス腱に沿って、または内くるぶしに向かって、または土踏まずに沿って、など扇形にまんべんなく滑らせます。




5.カカト外側を指で滑らす

chuakailla5.gif
  • 今度は足の外側面を自分の方に向けます。(片足だけ割座のようにして、からだを捻る)
  • 「4」と同様に、放射線状にまんべんなく滑らせます。





6.骨を離す

chuakailla6.gif
  • それぞれの手で、足の親指の中足骨と第2指の中足骨を持ち、交互に押し、引き、骨と骨の間を開きます。
  • 手は中足骨の先端(指先側)から、徐々に手前に移動し、まんべんなく開いていきます。
  • 同様に5本の中足骨の間すべてについて開いていきます。



7.足首を回す

chuakailla7.gif
  • 足の裏の方から手の指を足の指の間に出来るだけ深く差し入れ、足首をゆっくりと可動範囲いっぱいに回します。
  • その際、 もう一方の手で足首の上を固定して持ち、右回り、そして左回りに。





8.足の甲の掃除

chuakailla8.gif
  • 足首の背面(内くるぶしと外くるぶしの間 )から、中足骨の手前の端まで、両手の四指腹で逆八の字を描くように滑らせます。
  • この部分には大小様々な骨や腱があり、かなり凸凹しています。
  • 出来るだけゆっくりと丁寧に、それらの形や質感を味わうように進めましょう。




9.溝を開く

chuakailla9.gif
  • 両手の母指を滑らせるように、中足骨と中足骨の間の溝を開きます。
  • 溝の中央だけではなく、中足骨の側面にも指をもぐり込ませるように、溝と骨全体に働きかけましょう。
  • まず親指と第二指の間を開き、順に小指までの溝を開いていきます。




10.指を圧迫する

chuakailla10.gif
  • 足の指を手の母指と示指ではさみ、足の指の付け根から先端まで、まんべんなく圧迫します。
  • まず上下(背面と底面)から圧迫し、 次に左右(側面)から圧迫します。
  • 母指から初め、順にすべての指に働きかけていきます。




11.指をひねる

chuakailla11.gif
  • 足の指の先端を手の母指と示指ではさみ、前後(上下)に大きく曲げ伸ばします。
  • 次に左右にねじり、ひねりましょう。
  • また、隣の指と離すように横に開いてみたり、自由に指の関節を動 かしてみて下さい。
  • 母指から初め、順にすべての指に働きかけます。



12.足首を回す

chuakailla12.gif
  • 足の甲側から、 手の指を足の指の間に出来るだけ深く差し入れ、足首をゆっくりと可動範囲いっぱいに回します。
  • もう一方の手で足首の上を固定して持ち、右回り、そして左回りに。





13.足を優しく包む

chuakailla13.gif
  • 足全体を両手でやさしく包んでみましょう。
  • ゆったりと深く呼吸しながら、自分の足を、両手を、そしてからだ全体を意識してみて下さい。
  • 上体が呼吸と共に、吸う息と吐く息と共に、微かに動いているのを感じてみましょう。
  • 呼吸と共に動いているからだを感じながら、ゆっくりと両手で足全体をマッサージし始めます。


感じるままに、自由に、<カツ>と共に、
両手で足全体を散歩するようにマッサージしてみましょう。

時にはダイナミックに力強く、
時にはやさしく、ゆったりと。

自分で「もう充分だな」と感じたら終了です。

参考:足の骨


chuaka100.gif


  • 【アドバイス】

    チュアカはまず身体の左側から始めます。

    それぞれのパート(例えば足)の左側が終了したら、右側に移る前に立ち上がって、チュアカを試みた自分のからだの感覚を確認してみましょう。

    チュアカを試みたパートは、まだ試みていない側と感覚がどのように違うでしょうか。

    気分はどうですか?

    そう、この時も呼吸に留意して!


 
 
 

hisanoyu dharmaya secondlife

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS